冠婚葬祭の営業職スタッフの第一印象は名刺入れで決まる

冠婚葬祭と聞いて多くの方がイメージしやすいのは結婚式と葬儀です。
そのどちらに関しても専門的な知識を持つ式場のスタッフの手を借りて式を行うという事が必要であり、また式場スタッフとの信頼関係の構築は不可欠なものです。
そこで、客の目線になって考えた時に自分の担当となる営業職のスタッフがどのような名刺入れを持っているのかという点に着目すると営業スタッフの第一印象が決まってきます。
営業職のスタッフは挨拶の時には必ず名刺を持参します。
その時、名刺入れを見てみましょう。
ハイブランドの名刺入れを持ってはいないでしょうか。
ハイブランドの名刺入れを持っているという事は自社が儲かっているという事を無言で表している行為だとも取れる上に、営業職のスタッフ自身もプライドが高いのではないかと伺える要素になります。
ですから、自分が客の立場であればまずはその営業スタッフの名刺入れに注目してみるとその方の印象がなんとなく見て取れるという訳です。
この考え方は客の立場であっても、スタッフの立場であってもそのような印象を与えるのかという事を考える良いきっかけとなります。