営業職が一般常識を学ぶ方法

4月からの新年度を控えて、新社会人の方は不安と期待が入り交じっている時期がやってきました。
今回は、新社会人の中で特にサービス業や営業職に就職が決まっている方にオススメの一般常識を学び、仕事もらえるようになる方法をお教えします。
それは冠婚葬祭のマナーを学ぶことです。
冠婚葬祭というと結婚式や葬式という儀式ですので、営業職と何の関係があるのかと思われるかもしれません。
しかしながら、冠婚葬祭のマナーというのは社会人として非常に役に立つ知識が詰まっており、仕事にも十分応用できるものが多いのです。
たとえば、葬儀には服装や行動など厳しいマナーが存在しています。
香典の出し方は、受付で初めてふくさから取り出して渡す、その前にはふくさから出してはダメなど細かいルールがあります。
仕事でも同じようなルールがあります。
たとえば、頂いた電話が終わった後は、相手が電話を切る前にこちらから電話を切ってはダメで、それをやると失礼に当たるなど営業の方には絶対に必要なルールです。
このように双方でルールやマナーの内容は違うかもしれませんが、双方ともに事細かにルールが決まっており、それを守ることができると人間として箔がつきます。
そして、信頼されて初めて仕事をいただけるようになる、人間として認められるようになるという流れは双方ともに非常に似ています。
葬儀マナーは非常に勉強になるので、一度入社前に勉強することをお勧めします。